久しぶりの更新

1ヵ月以上も更新を怠ってしまった。

この1ヶ月にオフショアに出る予定が荒天で3回も流れてしまい、結局1回しか船に乗れていない。

しかも、その1回も予想以上の強風で船は大揺れ。

結局、本命ポイントには行けずじまいで、まともな釣りはできていない。

 

そんな中、この日同僚が釣った貴重な魚がこのオオモンハタ。

50アップとはいかなかったものの47センチのグッドサイズ。

 

 

この間、タイラバ、マイクロジグ系やディープのロックフィッシュ用のリグも買い足した。

また、今風のライトジギングロッドも買った。

しかし、セッティングはするものの、出航できずに使う機会がことごとく流れてしまう。

何とももどかしい日々を送っている。

 

明日9日(土)もチャーターで予約を入れているけど、今日はまたしても強風予報。

どうなることやら・・・(泣)

 

それでも、他の釣りに行けてないわけではないし、魚が釣れてないわけでもない。

まぁ、ブログネタになるような釣果もなかったし、夜は飲み会の日以外は毎日ジム通いをしている関係で、更新する時間もなかった。

 

11月の釣りも、ロックフィッシュゲームに終始した。

シーズンインしたサーフの釣りも2回やったのみでノーフィッシュ。

ほとんどランガンもせずに、すぐに止めてロックフィッシュ狙いにポイント移動するありさまなので、ノーフィッシュも当然。

 

それぐらい、今の自分にとってロックフィッシュゲームは楽しい。

毎回ポイントを変えて、日南海岸のいろんなところでカサゴ釣りを楽しんでいる。

もちろん、本命はカサゴではなくハタ狙いなんだけど・・・

日南海岸のショアでは、なかなかハタ系が釣れない(^^;)

 

 

 

そんな中、先週は県北の実家に所用で行き、わずかな時間ではあったものの、かわいいサイズのオオモンハタが癒してくれた。

移動に時間をかけたくなかったので、今回のポイントはこれまで楽しませてくれた大分県境に近い広大なフィールドではなく、実家から車で5分ほどの小さな港周り。

 

土曜日は実家到着前に30分ほど寄り道して、とりあえず2キャッチ。

この日は、ずっとそわそわしながらも時間が取れずこれにて終了。

同じリグで同じレンジを攻めて、ヒット後姿を見せるのは、日南海岸ではカサゴ。

県北ではオオモンハタ。この違いは何なのかな~??

サイズは小さくても、オオモンハタのひったくるようなアタリはやはり気持ちいい。

 

 

翌日曜日は午後の数時間釣りができたので、より大物を求めて周辺の地磯を3時間ほど攻めた。

しかし、いろんなリグでいろんなレンジを攻めたものの不発。

この時期、シャローからディープへ行ってしまったのか、たまたまいないだけなのか、

いても活性が低いだけなのか、そもそもいないのかは、初めてのポイントなので分からない。

また来年、水温が上がってから攻めてみよう。

 

ということで、日没も近くなり、そろそろ宮崎に戻らないとと思いながらも、せめて一匹ぐらいは釣りたいとの思いに負け、前日実績のあった港近くのワンドで日没まで粘ることに。

そしたら、一投目からヒット。二投目もまたヒット。

 

 

 

その後は散発になったものの、30分ほどの間に5本キャッチ。

最後の最後に癒してもらった。

 

福岡に単身赴任になる前だから、かれこれ10年以上前。

実家に戻った時にこの近くでワームを投げていたけれど、釣れていたのはほとんどカサゴ。

この10年でこの海も様変わり。温暖化の影響なのだろうか。

 

 


大分県南ハタゲーム

 

台風の影響で約3週間もまともにロッドが振れておらず、溜まったストレスはマックス。

おまけに、週末の3連休は海の状況も良さげな予感ムンムンなのに、姪っ子の結婚式が福岡であり、そのまま家族旅行で福岡に滞在するため、釣りは無理。

ということで、心のバランスを保つために、2日の木曜日に休暇を取り一人で大分県南部に行って来ました。

 

お隣の県なのに、九州の他県と比べると釣行の機会が圧倒的に少なかった大分。

今回も前情報などがあまりない中、ネットの情報を頼りにぶっつけ本番でハタゲームに行って来ました。

 

朝9時半に現地に着いて、最初に向かったのは高速のインターから南に向かうとすぐに見えて来る港。

テキサスリグにグラスミノーをセットしてキャストした第一投目。

いきなり、フォール中でのバイトでロッドを曲げてくれたのはコイツでした。

 

 

その後、30分ほどキャストを繰り返したものの、魚からの反応はなく移動することに。

 

次に選んだのは、波止と地磯が連なっているポイント。

ここで小一時間ほど根周りを中心に探ったものの、反応なし。

そこに、地元のえさ釣りのおじいさんがやって来たので状況を聞くと、イカも釣れておらず状況はあまり芳しくないとのこと。

 

話す中で参考になる情報もあったので、その情報をもとにさらに南下。

次のポイントはこじんまりとはしているけれど、比較的水深がある港。

外洋サイドに向けてキャストを開始すると、すぐに根魚らしきアタリ。

水面に浮いてきたのは、宮崎でいつも見ているカサゴちゃんでした。しかも、ベビーサイズ。

 

 

その後続かずに、波止の先端へ小移動したところ数投目でオオモンハタゲット。

そこから、画像のようなオオモンハタとカサゴが連発する状態となりました。

オオモンハタはスイミング、ボトムともに食ってきました。

 

 

 

 

おまけに、オジサンまで^^;

 

 

今回釣れたハタ類はオオモンのみでしたが、前回の宮崎県北部同様、豊かな魚影とすばらしいロケーションで楽しい釣りとなりました。

 

ものすごい数のベイトがいて、湾内にもかかわらずあちらこちらでナブラがたっているし、いたるところでこのように新しいイカ墨だらけ!!

 

 

この時期、近海のショアから釣れるハタのサイズは、たぶんこのクラスが中心なのだろうけど、今回はまだまだ数釣りができることを実感しました。

 

シーズン開幕したっぽいサーフのヒラメゲームがものすごく気にはなるけど、シーズンが終わるまでは根魚の釣りを堪能したいな~ということを再認識した釣行となりました。

 


新規開拓ポイント開拓

 

前回のログで書いた新規開拓ポイントに、昨日・今日と行ってきました。

昨日は、風は強かったもののなんとか天気も持ち、しかも潮色はとてもきれい。

ボトムをたたくと、案の定、かわいいサイズばかりだったけれどウブなカサゴがいっぱい釣れました。

 

 

そんな中、こいつも釣れました。

ここにはやっぱり、ハタ系いるんですね~

 

 

今日は雨の影響で、打って変わって濁りが入り厳しい状況。

そんな中、同じようにボトムをたたいてると、何かが食ってきた。

カサゴとは明らかに違う引き。

上がってきたのはガンゾウビラメ??でした。

 

 

その後、カサゴを3本追加したところで、根掛かりしてラインブレイク。

雨足も一段と強まってきたので、そのまま納竿としました。

 

 

 

 


久しぶりのオフショアは何もできず惨敗

 

前回のログでお伝えしていたとおり、8日日曜日に職場の同僚5人と延岡のオフショアゲームに行ってきました。

 

乗せてもらったのは同僚のお兄さんの仲間が所有する船。

 

定かではないけれど、自分の記憶の中では7・8年ぶりのオフショアになるのかな~

 

なので、相当な期間をかけて物心両面で準備をしてきました。

 

まずはジギングタックルの補充。かつて、ハイピッチショートジャークでのガンガンしゃくりやちょっとタイミングを変えてのリアクションで食わせる釣りが主流だった頃のメタルジグしか持っていない。変化を与えるためにスローなジャークを組み込んだりはしていたけれど、当時はスロージギングなんて言葉は多分なかったはず。ロッドとリールをチェックしたところ、まだまだ十分に使えそう。なので、スロー用のジグをちょっと買い揃えました。

 

タイラバもしかり。当時、遊動式があったかどうかも覚えていないけれど、主流は固定式だったと記憶。なので、これも重さ・カラーを変えていくつか買いました。さらには、当時から劇的に進化しているロッドとベイトリールまで購入(-_-;)

 

一方、メンタル的には釣りビジョンやYouTubeを観て、当時との変化など今の釣りについて頭に焼き付けるとともに、自分自身の気持ちも盛り上げてきました。また、自分だけではなく精神的な盛り上がりは同行する同僚たちも同じ。テンション上がりまくりの状態でした。

 

いよいよ釣行前夜。アラームを3時にセットしてベッドに入ったものの、興奮してあまり眠れず、2時には覚醒。しかも、2時間ほどしか寝ていないにも関わらず全然平気な状態。やっぱり、仕事と遊びは違います。

 

当日は、みんなが胸の高鳴りを抑えながら、土々呂港に到着。まだうす暗い中、タックルのセットを済ませて乗船。

 

そして、午前6時には意気揚々と出港。まぁ、ここまではシナリオどおりでした。

 

しか〜し!! しか~しでした!!

 

なんと、港内を出ると海は大荒れ(^^; ただただ唖然とするほどのうねり。

 

前日は予報を何度も何度も見ながら、無理っぽいなぁとか、やっぱり大丈夫そうやなぁとか一喜一憂しながら、実はものすごく心配していたことが現実のものに・・・

 

そして、その心配はどんどん大きくなり最初のポイントに着いたころには、船上でまったく立っていられないほどの揺れ。とりあえず、ジグを落としてみたものの釣りにならない状態。

 

即撤収して近場の風裏ポイントを探るも、どこへいっても濁りがひどく、どうみても期待を持てない状況・・・

 

結果、船中カサゴ1匹という案の定の激貧果。しかもそれは、その状況で誰も期待していない中、よう釣れたもんやなぁと思えるもので、割いてきた準備および描いていた期待とその釣果がまったく比例しない残念な結果となってしまいました。

 

まぁ、こんな状況なら仕方ありません。次の機会のリベンジを心に誓い帰港となりました。

 

んで、奇跡的に同僚が釣った?釣れた?カサゴがこれです。

 

 

翌月曜日は、いつものマイポイントがダメだったので、移動を決断してやや南下。すると、新たな発見があり新規ポイントを開拓することができました。

 

結果、リリースサイズを中心に4匹の釣果。釣れたのはやっぱりこいつらです。

 

 

 

小1時間しか釣りができなかったので、多少の名残惜しさはありましたが、その後に期待を持って納竿としました。

 


もう少しで尺カサゴ

 

今日も地磯としてはマイメインフィールドに行ってきました。

昨日は近くの別ポイントでボウズに終わったので、今日はマイポイントでのリベンジとしたかったのですが・・・
今日もカサゴ2本。しかし、29cmある立派なカサゴでした。尺まであとわずか^^;

ちなみに、ヒットルアーはスイミングテンヤ30グラムにブレードスピン、パワーシャッド4インチならびにテッパン系バイブです。

それにしても、ハタはいずこに???
どなたか情報ください!!