2週続けての初ポイント

2週連続で、初めてのポイントに浮かんだ。

 

6月1日は、真鯛、イサキ、ニベが好調との情報をもとに、

 

宮崎市内からすぐ近くのサーフから出艇するポイントへ。

 

波のあるサーフなので出艇・着岸はとても気を使う。

 

波に対してカヤックを垂直に立てないと沈してしまうので、常に恐怖心との戦いになる。

 

浅いサーフでの出艇・着岸時の沈は、身の危険はさほどないけれど、

 

ロッド、リール、ルアー、魚探、クーラーボックスなどの装備品が沈してしまう。

 

なので、精神的に苦手。

 

幸い、この日はべた凪で安心できる出艇だった。

 

しかし、釣果の方はさっぱり。

 

他にも、たくさんのカヤッカーがいたけれど、ほとんど釣れなかったみたい。

 

 

画像は、この日かろうじて釣れた真鯛とヤズ。

 

なお、帰るころに沖から観察すると波があったので、リスク回避のため防波堤に囲まれたサーフへ安全に着岸。

 

しかし、駐車場から遠くて道具の運搬が大変でした。

 

次の釣行は6月8日。

 

こちらも、県南のとても海がきれいな港からの初出艇。

 

風が強くて釣り辛い一日で、画像の貧果。

 

 

でも、振り返ってみると、イサキ、オオモンハタ、アカハタ、ガンゾーヒラメ、ヤズの五目、

 

釣った気がしなかったけどな~

 

ただ、70サイズのハマチの水面ばらしもありました。


佐多遠征

 

5月のGWは甑島遠征を計画していたものの、あいにくの悪天候で日程&遠征先を変更。

 

2泊3日の日程を1泊2日に短縮して、佐多方面へと釣行した。

 

 

雨模様の天候ではあったが、やはり宮崎の海とは違う釣りが楽しめた。

 

自己記録のキジハタも釣れたし、カサゴにしてもアベレージがでかかった。

 

同行の釣友も大きなブリを釣ったりするなど、二人で数とサイズを楽しんだ。

 

 

 

潮流の速さはびっくりもんであったが・・・

 

夜は近くのホテルの温泉につかり、ビールとハイボールを飲んでテントで爆睡。

 

いやあ、遠征って楽しい~

 

今度は、甑島でスジアラ釣りたい!