今度は魚探不調

 

先週の土曜日(7月6日)にまたまたホームに行った。

 

準備が終わっていざ出艇。

 

ところが、魚探(ホンデックスPS611-CN)を見るとフリーズしている。

 

電池を入れ替えてみたら、今度は電源が入らない。

 

先週の大雨の影響で海は濁りまくり。

 

しかも、魚探が使えん・・・

 

釣りにならんし帰ろうかなぁと思いながらも、

 

せっかく片道1時間半かけて来たんだからしばらくやってみることにした。

 

何度も浮かんでるところなので、「なんちゃって山立て」を頼りに大まかにポイントを探り、

 

着底時間とその変化で水深、地形をイメージしながらの釣りとなった。

 

案の定、釣れない時間が延々と続き・・・

 

魚探もないうえに、この濁りではやっぱり無理やな~

 

そう思い、完全に心はストップフィッシング

 

もう上がろう・・・

 

と思ったときに、かなりの中層でガツンとひったくるようなバイト

 

なかなか上がって来ずに、姿を見せてくれたのは、

 

めちゃめちゃ体高のあるデカオオモン。

 

ここはデカオオモンを何本も吊り上げてるポイント。

 

手探りではあったけれど、やっぱり居た!!

 

まぐれに近いけれど、何とか釣ることができた。

 

でっぷり太った53センチのオオモンハタ。

 

 

ハタシャブにして美味しくいただきました!

 

 

明けの月曜日。

 

日中、ホンデックスのカスタマーセンターに電話確認後、仕事を終えて夕方に発送。

 

11日の朝に到着したことは、宅急便のメールサービスでわかっていた。

 

そしたら、その日の昼休み時間にカスタマーサービスから電話。

 

到着の確認電話なのかなと思いながら出ると、もう直ったとのこと。

 

内部に少し水が入って、基盤がやられていたらしい。

 

「コネクターの錆防止のため、接点復活剤をまめにスプレーすると良い」

 

そんなネットの投稿を見ていたので実践していたが、

 

コネクターの内部にあるゴムが伸びて浸水するリスクが高くなるので、かけすぎはNGらしい。

 

会話の結びは、保証期間内なので無償修理になることと、本日発送するということ。

 

いやぁ、対応早くてすばらしかった。感動もんです。

 

ただ、悲しかったのはデータが消えてしまったこと。

 

13日到着予定なので、あきらめていた3連休での釣りが可能に!

 

ということで、無事13日に到着。

 

14日は嵐だったので、15日に釣行計画。

 

釣友にあるポイントがネリゴ好調との情報をもらっていたので、そこで浮かんだ。

 

午前中は、予報と違ってうねりが激しく、しかも複雑にぶつかり合ってとても釣り辛い状況。

 

あまり、沖まで行かずに近場での釣りを楽しんだ。

 


2週続けての初ポイント

2週連続で、初めてのポイントに浮かんだ。

 

6月1日は、真鯛、イサキ、ニベが好調との情報をもとに、

 

宮崎市内からすぐ近くのサーフから出艇するポイントへ。

 

波のあるサーフなので出艇・着岸はとても気を使う。

 

波に対してカヤックを垂直に立てないと沈してしまうので、常に恐怖心との戦いになる。

 

浅いサーフでの出艇・着岸時の沈は、身の危険はさほどないけれど、

 

ロッド、リール、ルアー、魚探、クーラーボックスなどの装備品が沈してしまう。

 

なので、精神的に苦手。

 

幸い、この日はべた凪で安心できる出艇だった。

 

しかし、釣果の方はさっぱり。

 

他にも、たくさんのカヤッカーがいたけれど、ほとんど釣れなかったみたい。

 

 

画像は、この日かろうじて釣れた真鯛とヤズ。

 

なお、帰るころに沖から観察すると波があったので、リスク回避のため防波堤に囲まれたサーフへ安全に着岸。

 

しかし、駐車場から遠くて道具の運搬が大変でした。

 

次の釣行は6月8日。

 

こちらも、県南のとても海がきれいな港からの初出艇。

 

風が強くて釣り辛い一日で、画像の貧果。

 

 

でも、振り返ってみると、イサキ、オオモンハタ、アカハタ、ガンゾーヒラメ、ヤズの五目、

 

釣った気がしなかったけどな~

 

ただ、70サイズのハマチの水面ばらしもありました。


インパルスドライブ帰還

 

5月23日、待ちに待ったおニューのインパルスドライブが帰って来た。

 

早速、週末の26日にホームポイントへ。

 

インパルスドライブの漕ぎ心地は快適。

 

もう不具合が出ないことを願うばかり。

 

このように、不安を感じながらペダルを漕いでるマコユーザーが、全国には少なからずいるのではないか。

 

この日は、無風べた凪で釣り易かったけど、潮が動かず苦戦。

 

ようやく昼前らいに少しだけスイッチが入り、画像の釣果でした。

 

 

 

 

 


インパルスドライブ不調

 

佐多遠征後の最初の釣りは5月11日。

 

宮崎からは多少遠いが、北風の影響を受けにくいことから、結果的に釣行回数が多くなる、いわばホームポイントで浮かんだ。

 

そしたら、またまたプロペラドライブの不具合。

 

12月に出た不具合とまったく同じ症状。

 

画像では分かりにくいけれど、軸受けがずれて右のペダル側に露出している。

 

なので、ペダルを漕ぐとグラグラする。

 

とても、力を入れて漕げるような状態ではない。

 

 

 

去年の8月に買ってまだ10ヶ月。

 

1年も経っていないのに、いくらなんでも2回の不具合はあんまりやん!

 

モンベルに連絡すると、同様の事案が全国で発生しているらしく、新品と交換となった。

 

1回目は無償修理で済ませていたが、その時にちゃんと予見して、早めの対策をとって欲しかった。

 

信頼できるモンベルブランドだから、対応は的確にやってくれる。

 

通常使用の範疇でこちらに落ち度がないのでもちろん無償。

 

それらはやはりモンベルブランドならではの対応ではあるけれど、

 

手元に戻って来るまでに2~3週間はかかるわけで、その間はカヤックに乗れない。

 

もちろん手漕ぎなら乗れるけれど、カヤックの形状は足漕ぎ向け、安定重視の幅広。

 

しかも、出艇時、着岸時以外はパドルで漕いだことがないので、浮かぶ気になれない。

 

天候が悪くてどっちみち浮かべないような週末なら、まだ諦めがつくけれど、

 

そうでない時は悶々とした時間を過ごすことになる。

 

まあ、最後は佐多遠征時の激流の中で起きなくて良かったと自分の心を収めた。

 

 

これは、その日の40オーバーのオオモンハタのダブルヒット画像。

 

TGベイトのフロントとリアフックにがっちり。

 

引きました(笑)


佐多遠征

 

5月のGWは甑島遠征を計画していたものの、あいにくの悪天候で日程&遠征先を変更。

 

2泊3日の日程を1泊2日に短縮して、佐多方面へと釣行した。

 

 

雨模様の天候ではあったが、やはり宮崎の海とは違う釣りが楽しめた。

 

自己記録のキジハタも釣れたし、カサゴにしてもアベレージがでかかった。

 

同行の釣友も大きなブリを釣ったりするなど、二人で数とサイズを楽しんだ。

 

 

 

潮流の速さはびっくりもんであったが・・・

 

夜は近くのホテルの温泉につかり、ビールとハイボールを飲んでテントで爆睡。

 

いやあ、遠征って楽しい~

 

今度は、甑島でスジアラ釣りたい!