ヒットせず!

 

11月16日土曜日は久しぶりにどこも凪予報。

 

先週のリベンジを果たしたいひげじさんとその仲間と、あわよくば水没タックルを回収したい自分とで同じ県南の海へ。

 

準備を済ませて7時過ぎに出艇すると、予報どおりのベタ凪。

 

 

先に出て沖に浮かんでいるひげじさんたちを目指してペダルを漕ぐも、怪しげなところで寄り道するのでなかなか行き着けない。

 

そうこうしているうちに、ひげじさんからLINEが入った。

 

水深40メートルでジグが真下に落ちて、まるで湖。

 

という残念なお知らせ。

 

なので頑張って沖に向かう気が一気に失せた。

 

近場でいろいろ試すが、ヒットするのはヤミハタばかり。

 

 

時折、小さなナブラが発生するがすぐに消えてしまう。

 

いつものデカオオモンポイントも不発。

 

前回のタックル水没ポイントだったので、入念に探ったけれどヒットしたのは、このオオモンだけ。

 

 

しかし、市販のジグ、インチクに反応がない中、ヒットルアーは自作の不細工なオモック。

 

これはこれで、誰も見てないけれどちょっとドヤ顔。

 

だが、水没タックルはヒットせず。

 

その後、途中脚がつりながらも、午後3時まで漕ぎまくった。

 

しかし、状況は変わらずじまい。

 

その間、大物のヒットが3回あったが、食いが浅いのか乗せ切れず。

 

また、2回ほどナブラが発生したが、ジグ、弓角、ジグサビキに反応なし。

 

家に帰り着いたのは、5時半過ぎていて外は真っ暗。

 

ヘロヘロになって、車、カヤック、タックルを洗い、夕食後に魚をさばき、爆睡。

 

疲れた・・・


水没

 

ブログを設置しているサーバーに長期間障害が発生して、更新ができない状況が続いた。

 

障害と一時復旧の合間を縫ってようやくこの投稿をアップしたのだが・・・

 

完全復旧したと思ったら、データが飛んでいたので再アップ。

 

こちらのブログへの投稿が結果としてバックアップとなっていて良かった。

 

アメブロ KFオクトバス

 

さて、10月26日(土)の釣りは・・・

 

前日の金曜日に天気予報を見ると、週末に浮かべそうなのは、マイポイントの中で家から一番遠い県南の海域のみ。

 

師匠のひげじさんも同じ判断で、久しぶりの同行となった。

 

ただし、自分は前夜に飲み会が入っており、酒気帯び運転のリスクを回避するために、ちょっと遅めの出発。

 

一方、ひげじさんはいつものように、子どもさんの関係で10時上がり予定。

 

なので、一緒に浮かべたのは1時間ちょい。

 

先に浮かんだひげじさんの情報では、西風が強く風波が立っているとのことであったが、自分が出艇するころにはかなりおさまっていて、遥か沖で浮かんでいるひげじさんのとこまで、さほど苦労せずに到着できた。

 

 

近づいていくと、ひげじさんは青物らしき魚とのファイトの真っ最中。

 

さらに近づいて動画を撮ろうとしたが、間に合わず。

 

ヤイトだったみたい。

 

状況を聞くと、ベイトの反応は薄いが、時折、ナブラが発生しているとのこと。

 

ひげじさんを見ると、ミラージュドライブで相変わらずのすいすい移動。

 

発生するナブラにも、スピーディーに無駄なく寄っていく。流石。

 

同じ足漕ぎでも、やはりフィンの方がプロペラより速いと思う。

 

もちろん、プロペラには簡単にバックができるという大きなメリットがあるけど。

 

周りを見ると、青物が表層でざわざわしている感じがあったので、ジグを数回キャストするが無反応。

 

ベイトはマイクロサイズで、ジグには見向きもしない。

 

そうこうしているうちに、また風が強くなってきたので、陸に上がるために岸に寄っていくひげじさんとともに、近場へ移動。

 

その後は、ひげじさんと別れて単独での釣行。

 

近場でも数回ナブラ発生した。

 

カヤックでのナブラは間近で発生するし、目線の高さが同じなので、ドキドキする。

 

ただ、海面を見る限り、さほど大きな魚ではない。

 

ベイトはやはりシラスで、ジグには見向きもしない感じ。

 

弓角はタックルボックスに入れていたが、マウスは使うことはないと思い、前夜ボックスから出していた。

 

仕方ないので、ナブラ打ちはあきらめて、バーチカルの釣りに変更。

 

魚探を見るとすぐにベイトの反応があったので、横着してナブラを攻めたキャスティングタックルでそのままジグを落とした。

 

 

すると一投目でミドルサイズのオオモンヒット。

ネットを使い慎重にランディング。

 

 

ここまでは、いつもの展開だったのだが・・・

 

ロッドを横に置いて、フックをはずして写真を撮ろうとしたら、オオモンハタはジャンプ一発海中へ。

 

よくやる船上オートリリース。

 

これまで、何回やったことか。学習していない^^;

 

だが、悲しかったのはこれではない。

 

魚と一緒にキャスティングタックルがドボン。

 

リールのメンテを考えると水没は嫌だけど、その時点ではそんなに悲観はしてなかった。

 

なぜなら、すべてのロッドはコードでつないでいるから。

 

 

分かりづらいけれど、このようにちゃんとコードでつないでいる。

 

そして、これが今は無きタックル😹

 

でも、すぐに真っ青になった。

 

見ると、コードの先には何もない。

 

沖のポイントでそのコードがパドルのリーシュコードとからんで、解くために外していたことをすっかり忘れていた。

 

通常なら、ランディングしたらホルダーにロッドを立てて、フックを外したり、血抜きをしたりする。

 

手元左右のロッドホルダーはバーチカル用のベイトとスピニングタックルが立ててあったので、サイドに置くしかなかった。

 

その後、何度もジグを落として引っかけようとしたが、こんな時はかからない。

 

後悔してもあとの祭り。

 

あきらめるしかなかった。

 

お気に入りで思い出のたくさん詰まったロッドとリール。

 

特に、ロッドはとっくの昔に生産中止。

 

小型の青物や大型のロックフィッシュのキャスティング。また、ティップランも。

 

カヤックでは、そんなに数を積めないので、万能に使えて本当にいいロッドだった。

 

その後、気を取り直して釣りは続けたものの、ブルーな釣りとなってしまった。

 

この日はこの貧果にて終了。

 

 

今頃、誰かが釣り上げてるかもしれないな~

 

せめて、ロッドだけでも戻ってこないかな~

 

 

 

続いて、先週末は2日(土)に同じ県南であるけれど、もう少し北のビーチから出艇。

 

3連休の初日しか時間が取れなかったのもあるけけれど、予報を見てそのポイントを選択。

 

行ってみないとわからないもので、1時間も持たずに北東の強風がガンガン。

 

出艇時は、こんなに穏やかだったのに・・・

 

 

しばらく風裏に退避して様子見をしていたが、おさまる気配なく撤収。

 

ヤミハタ2、エソ2のみの釣果。

 

海岸線を海を見ながら宮崎へ帰ったが、宮崎に近づくにつれて風が弱い状況。

 

ポイント選択を間違ったかな・・・


せっかくの10連休が・・・

 

先週は年に一度の連続休暇で、5日(土)から14日(月)まで10連休。

 

去年は、県北方面に3日間浮かんで、カヤックの釣りを堪能した。

 

今年もそう目論んでいた。

 

ところが、その目論見はもろくも崩れ去ってしまった。

 

連休初日の5日(土)のゴルフコンペ終了後、足首が徐々に痛くなり、

 

翌朝からは歩行さえも困難な激痛が・・・

 

痛み止めもほとんど効かない。

 

7日(月)から延岡の実家を拠点にして、日向、北浦に浮かぶ予定にしていた。

 

釣りだけでなく、足の悪い母親を病院や買い物に連れて行く予定にもしていた。

 

なので、座薬を入れて延岡に移動。

 

帰省途中に日向のポイントに寄って状況確認。

 

予報とは裏腹にほとんど風がない。

 

台風19号の接近を週末に控え、当面の強風予報が続いている。

 

数少ないチャンスであることは間違いない。

 

また、ここはこれまでの経験で一番美味しい思いをしているところ。

 

出したい衝動に激しく駆られたけれど、泣く泣く断念・・・

 

そして、翌8日(火)からはお約束の強風プラス激痛が続いた。

 

実家での母親の病院通いを済ませた10日(木)には、予定を早めて宮崎へ。

 

家には戻らず、カヤックを載せたまま整形外科へ直行。

 

診断結果は疲労性の捻挫。

 

ついに、痛風発症かと心配していたが、

 

痛風だともっと早く痛みが治まるし、患部が発熱するらしい。

 

結局、痛みは12日(土)まで続き、その間は何もできず。

 

幸い、13日(日)には嘘みたいに痛みが取れ、天気予報を見ると14日(月)は大丈夫そう。

 

ということで、10連休の最終日にようやく浮かぶことができた!!

 

準備を済ませてカヤックを出すと、さすがに海は濁っている。

 

 

ベイトの反応は結構あるのに、激シブ・・・・

 

10日間のうっぷんを晴らすために、

 

粘りに粘ったけれど、画像の釣果で終わった。

 

 

まあ、今回は1日だけでも浮かべたことを良しとしよう!

 

そろそろ青物のシーズン到来かな。


釣り解禁

 

先週末に親父の49日法要も終わりようやく釣り解禁になったので、

 

週末まで待てずに夏休みを取って県南の海に浮かんだ。

 

現地に着いて準備を済ますと、海に手を合わせてから出艇。

 

海はベタ凪。

 

 

まずやったのは、梅雨明けに計画をしてたけれど、この夏やれなかったエバトップ。

 

もうシーズンは終わっているだろうなとは思いながらも・・・

 

かすかな期待を込めてテトラ周りや沈み瀬が見え隠れするシャローエリアにペンシルのキャストを繰り返した。

 

けれどまったくの反応なし。

 

このエリアでのエバトップゲームは10年ぶりだったので、

 

シーズンが終わっただけなのか、この釣りがこのエリアでは成立しなくなっているのかは分からずじまい。

 

どなたか知っている方がいらっしゃれば情報ください。

 

カヤックでのエバトップは初チャレンジだったけれど、ボートゲームにはない魅力も再確認した。

 

成立するのであれば、面白いこと間違いなし。

 

 

その後、いつもの釣り開始。

 

TGベイトの代わりに買ったジグパラTGを最初に食ってきたのはチビカサゴ。

 

 

ところが、いつものオオモンポイントを回るも、ベイトがいない😅

 

ベイトを求めて移動をすると、反応があるのはシャローばかり。

 

んで、食ってくるのはリリースサイズのカサゴとヤミハタばかり。

 

そんな中、ようやくひったくるようなアタリが・・・

 

上がってきたのはコイツ。

 

 

お土産は確保できたので、次はこれも保留にしていたオモックのテスト。

 

 

これは、前回のログでアップしたものに100均で買ったホログラムシールを無造作に貼ったやつ。

 

結果は、ヤミハタ、イトヒキアジ、エソが多数。

 

渋い中でも、釣れる釣れる。

 

 

これは使えそう!!

 

その後、南東の風が強くなったので、いつもよりは早上がり。

 

久しぶりの釣りは、やっぱりいいもんです。

 

ただ、今年は真夏の釣りをしてなかったので、今日の暑さはさすがに堪えた。

 

 

マコユーザーの方のブログを拝見すると、カートップのやり方がいろいろあるけれど、

 

私はこのように載せている。

 

 


TGベイト品切れ

 

 

7月に父が他界したので、忌が明けるまでは釣りは控えることにしている。

 

何やかやとバタバタしてる間にちょっとした異変が起きているので、今回はその話。

 

前回の釣行でロストしてしまったので、マイ鉄板ジグであるTGベイト60グラムのストックが底をついた。

 

補充するために、宮崎市内の釣具屋をちょくちょく覗いてみるものの、どこへ行っても品切れ。

 

7月・8月は延岡に行く機会が多かったため、その都度、延岡・日向のショップを訪れてみたものの結果は同じ。

 

ネットショップで検索してもほとんど在庫なし。

 

釣具店に訊いても、入荷予定は不明とのこと。

 

個人的見解だが、マイクロフリップより釣れる。

 

昔、ジギングと言えば、いかに魚が口を使うようにジグを動かすかということが重要だった。

 

不規則な動きを演出してリアクションバイトを誘うことが釣果に直結した。

 

なので、ただ巻きでこんなに釣れるのは隔世の感。

 

それにしても、これほどまでの人気とは!!!

 

 

 

 

釣行の代わりに釣具店に通い、代替のジグを物色している。

 

9月までは実使用ができず、使用感はまだ伝えられないけれど・・・

 

そんな中、追加したのは以下のもの。

 

これらの感想については、また後日ということで・・・

 

まずは、ジグパラTG60。

 

 

これは、以前から気になっていた。

 

TGベイトより400円ほど安いので、実釣での使用や釣果に問題がなければシフトしようと考えていた。

 

20%オフになる釣具店の夏のバーゲンを待って入手したので、さらに安く買えた。

 

次は、ファルケンRのランダムウォークZ60。

 

 

こちらもバーゲンで合わせて入手。

 

ショアジギ用みたいだけど、安さが魅力。

 

画像上のジグパラTGと比べると一目瞭然だが、かなりデカい。

 

使用頻度による違いなのかも知れないが、

 

カヤックのSLJ=マイクロジギングということで、タングステンのジグの方が圧倒的に結果が出ている。

 

しかし、タングステンのジグだけではコストがかかり過ぎるので・・・

 

とりあえず、期待せずに使ってみよう!

 

まぁ、コスパと言えばコレ。

 

 

話題のオモック。

 

1個200円足らず!!

 

先月には試せるように見よう見まねで作ってはいたが、

 

父の容態が悪化したので、まだ使用できていない。

 

解禁後は、こちらもあまり期待せずに試してみよう。

 

 


今度は魚探不調

 

先週の土曜日(7月6日)にまたまたホームに行った。

 

準備が終わっていざ出艇。

 

ところが、魚探(ホンデックスPS611-CN)を見るとフリーズしている。

 

電池を入れ替えてみたら、今度は電源が入らない。

 

先週の大雨の影響で海は濁りまくり。

 

しかも、魚探が使えん・・・

 

釣りにならんし帰ろうかなぁと思いながらも、

 

せっかく片道1時間半かけて来たんだからしばらくやってみることにした。

 

何度も浮かんでるところなので、「なんちゃって山立て」を頼りに大まかにポイントを探り、

 

着底時間とその変化で水深、地形をイメージしながらの釣りとなった。

 

案の定、釣れない時間が延々と続き・・・

 

魚探もないうえに、この濁りではやっぱり無理やな~

 

そう思い、完全に心はストップフィッシング

 

もう上がろう・・・

 

と思ったときに、かなりの中層でガツンとひったくるようなバイト

 

なかなか上がって来ずに、姿を見せてくれたのは、

 

めちゃめちゃ体高のあるデカオオモン。

 

ここはデカオオモンを何本も吊り上げてるポイント。

 

手探りではあったけれど、やっぱり居た!!

 

まぐれに近いけれど、何とか釣ることができた。

 

でっぷり太った53センチのオオモンハタ。

 

 

ハタシャブにして美味しくいただきました!

 

 

明けの月曜日。

 

日中、ホンデックスのカスタマーセンターに電話確認後、仕事を終えて夕方に発送。

 

11日の朝に到着したことは、宅急便のメールサービスでわかっていた。

 

そしたら、その日の昼休み時間にカスタマーサービスから電話。

 

到着の確認電話なのかなと思いながら出ると、もう直ったとのこと。

 

内部に少し水が入って、基盤がやられていたらしい。

 

「コネクターの錆防止のため、接点復活剤をまめにスプレーすると良い」

 

そんなネットの投稿を見ていたので実践していたが、

 

コネクターの内部にあるゴムが伸びて浸水するリスクが高くなるので、かけすぎはNGらしい。

 

会話の結びは、保証期間内なので無償修理になることと、本日発送するということ。

 

いやぁ、対応早くてすばらしかった。感動もんです。

 

ただ、悲しかったのはデータが消えてしまったこと。

 

13日到着予定なので、あきらめていた3連休での釣りが可能に!

 

ということで、無事13日に到着。

 

14日は嵐だったので、15日に釣行計画。

 

釣友にあるポイントがネリゴ好調との情報をもらっていたので、そこで浮かんだ。

 

午前中は、予報と違ってうねりが激しく、しかも複雑にぶつかり合ってとても釣り辛い状況。

 

あまり、沖まで行かずに近場での釣りを楽しんだ。

 


2週続けての初ポイント

2週連続で、初めてのポイントに浮かんだ。

 

6月1日は、真鯛、イサキ、ニベが好調との情報をもとに、

 

宮崎市内からすぐ近くのサーフから出艇するポイントへ。

 

波のあるサーフなので出艇・着岸はとても気を使う。

 

波に対してカヤックを垂直に立てないと沈してしまうので、常に恐怖心との戦いになる。

 

浅いサーフでの出艇・着岸時の沈は、身の危険はさほどないけれど、

 

ロッド、リール、ルアー、魚探、クーラーボックスなどの装備品が沈してしまう。

 

なので、精神的に苦手。

 

幸い、この日はべた凪で安心できる出艇だった。

 

しかし、釣果の方はさっぱり。

 

他にも、たくさんのカヤッカーがいたけれど、ほとんど釣れなかったみたい。

 

 

画像は、この日かろうじて釣れた真鯛とヤズ。

 

なお、帰るころに沖から観察すると波があったので、リスク回避のため防波堤に囲まれたサーフへ安全に着岸。

 

しかし、駐車場から遠くて道具の運搬が大変でした。

 

次の釣行は6月8日。

 

こちらも、県南のとても海がきれいな港からの初出艇。

 

風が強くて釣り辛い一日で、画像の貧果。

 

 

でも、振り返ってみると、イサキ、オオモンハタ、アカハタ、ガンゾーヒラメ、ヤズの五目、

 

釣った気がしなかったけどな~

 

ただ、70サイズのハマチの水面ばらしもありました。


インパルスドライブ帰還

 

5月23日、待ちに待ったおニューのインパルスドライブが帰って来た。

 

早速、週末の26日にホームポイントへ。

 

インパルスドライブの漕ぎ心地は快適。

 

もう不具合が出ないことを願うばかり。

 

このように、不安を感じながらペダルを漕いでるマコユーザーが、全国には少なからずいるのではないか。

 

この日は、無風べた凪で釣り易かったけど、潮が動かず苦戦。

 

ようやく昼前らいに少しだけスイッチが入り、画像の釣果でした。

 

 

 

 

 


インパルスドライブ不調

 

佐多遠征後の最初の釣りは5月11日。

 

宮崎からは多少遠いが、北風の影響を受けにくいことから、結果的に釣行回数が多くなる、いわばホームポイントで浮かんだ。

 

そしたら、またまたプロペラドライブの不具合。

 

12月に出た不具合とまったく同じ症状。

 

画像では分かりにくいけれど、軸受けがずれて右のペダル側に露出している。

 

なので、ペダルを漕ぐとグラグラする。

 

とても、力を入れて漕げるような状態ではない。

 

 

 

去年の8月に買ってまだ10ヶ月。

 

1年も経っていないのに、いくらなんでも2回の不具合はあんまりやん!

 

モンベルに連絡すると、同様の事案が全国で発生しているらしく、新品と交換となった。

 

1回目は無償修理で済ませていたが、その時にちゃんと予見して、早めの対策をとって欲しかった。

 

信頼できるモンベルブランドだから、対応は的確にやってくれる。

 

通常使用の範疇でこちらに落ち度がないのでもちろん無償。

 

それらはやはりモンベルブランドならではの対応ではあるけれど、

 

手元に戻って来るまでに2~3週間はかかるわけで、その間はカヤックに乗れない。

 

もちろん手漕ぎなら乗れるけれど、カヤックの形状は足漕ぎ向け、安定重視の幅広。

 

しかも、出艇時、着岸時以外はパドルで漕いだことがないので、浮かぶ気になれない。

 

天候が悪くてどっちみち浮かべないような週末なら、まだ諦めがつくけれど、

 

そうでない時は悶々とした時間を過ごすことになる。

 

まあ、最後は佐多遠征時の激流の中で起きなくて良かったと自分の心を収めた。

 

 

これは、その日の40オーバーのオオモンハタのダブルヒット画像。

 

TGベイトのフロントとリアフックにがっちり。

 

引きました(笑)


佐多遠征

 

5月のGWは甑島遠征を計画していたものの、あいにくの悪天候で日程&遠征先を変更。

 

2泊3日の日程を1泊2日に短縮して、佐多方面へと釣行した。

 

 

雨模様の天候ではあったが、やはり宮崎の海とは違う釣りが楽しめた。

 

自己記録のキジハタも釣れたし、カサゴにしてもアベレージがでかかった。

 

同行の釣友も大きなブリを釣ったりするなど、二人で数とサイズを楽しんだ。

 

 

 

潮流の速さはびっくりもんであったが・・・

 

夜は近くのホテルの温泉につかり、ビールとハイボールを飲んでテントで爆睡。

 

いやあ、遠征って楽しい~

 

今度は、甑島でスジアラ釣りたい!