今度は魚探不調

 

先週の土曜日(7月6日)にまたまたホームに行った。

 

準備が終わっていざ出艇。

 

ところが、魚探(ホンデックスPS611-CN)を見るとフリーズしている。

 

電池を入れ替えてみたら、今度は電源が入らない。

 

先週の大雨の影響で海は濁りまくり。

 

しかも、魚探が使えん・・・

 

釣りにならんし帰ろうかなぁと思いながらも、

 

せっかく片道1時間半かけて来たんだからしばらくやってみることにした。

 

何度も浮かんでるところなので、「なんちゃって山立て」を頼りに大まかにポイントを探り、

 

着底時間とその変化で水深、地形をイメージしながらの釣りとなった。

 

案の定、釣れない時間が延々と続き・・・

 

魚探もないうえに、この濁りではやっぱり無理やな~

 

そう思い、完全に心はストップフィッシング

 

もう上がろう・・・

 

と思ったときに、かなりの中層でガツンとひったくるようなバイト

 

なかなか上がって来ずに、姿を見せてくれたのは、

 

めちゃめちゃ体高のあるデカオオモン。

 

ここはデカオオモンを何本も吊り上げてるポイント。

 

手探りではあったけれど、やっぱり居た!!

 

まぐれに近いけれど、何とか釣ることができた。

 

でっぷり太った53センチのオオモンハタ。

 

 

ハタシャブにして美味しくいただきました!

 

 

明けの月曜日。

 

日中、ホンデックスのカスタマーセンターに電話確認後、仕事を終えて夕方に発送。

 

11日の朝に到着したことは、宅急便のメールサービスでわかっていた。

 

そしたら、その日の昼休み時間にカスタマーサービスから電話。

 

到着の確認電話なのかなと思いながら出ると、もう直ったとのこと。

 

内部に少し水が入って、基盤がやられていたらしい。

 

「コネクターの錆防止のため、接点復活剤をまめにスプレーすると良い」

 

そんなネットの投稿を見ていたので実践していたが、

 

コネクターの内部にあるゴムが伸びて浸水するリスクが高くなるので、かけすぎはNGらしい。

 

会話の結びは、保証期間内なので無償修理になることと、本日発送するということ。

 

いやぁ、対応早くてすばらしかった。感動もんです。

 

ただ、悲しかったのはデータが消えてしまったこと。

 

13日到着予定なので、あきらめていた3連休での釣りが可能に!

 

ということで、無事13日に到着。

 

14日は嵐だったので、15日に釣行計画。

 

釣友にあるポイントがネリゴ好調との情報をもらっていたので、そこで浮かんだ。

 

午前中は、予報と違ってうねりが激しく、しかも複雑にぶつかり合ってとても釣り辛い状況。

 

あまり、沖まで行かずに近場での釣りを楽しんだ。