県北ハタゲームその1土曜編


 

土日、実家のある延岡に所用で帰ることになったので、
何とか時間を確保して、ハタゲームに行ってきました。

 

土曜日は夕方1時間ほどしか時間が取れなかったので、
向かったのは、実家から車で5分ほど走ったところにある小場所。

 

その付近で釣りをするのは、小学生のころにゴカイをえさに投げ釣りをして以来・・・
まさかこんなところでハタが釣れるの???
と思えるようなところで、たまに車で近くを走ることがあっても、
ルアーを投げようと思ったことすらなかったシャローエリア。

 

ネットでこのポイントでハタが釣れているとの情報を仕入れたので、
ホントかな~とか思いながら、まさに実家の近くでもあるし行ってみました。

 

まずは、14グラムのジグヘッドにキジハタグラブを付けてキャストすると、
1投目からショートバイトがあるものの乗らない。

 

しかし、同じところを丁寧にトレースすると3投目でヒット。

 

 

本当に釣れました^^

 

かわいいサイズだけど、こんなところで釣れるんだという驚きのオオモンハタでした。

その後、小1時間ほどポイントを異動しながらキャストしたけれど、後が続かず納竿。

 

今さらながら、先入観や固定観念が可能性をつぶしてしまっていることに気づかされた1日でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です