県北ハタゲームその2日曜編


 

翌、日曜日。

 

この日は思いの他時間がとれたので、北の方へ足を伸ばしました。

 

向かったのは、ハタの好ポイントと聞いていて、前から行きたいと思っていた某港。
現地に到着したのは11時過ぎ。

 

何10年かぶりにこの海に来てみたけれど、いや~~、ロケーション最高!

 

この10年あまりよく見ていた、福岡市周辺、特に糸島あたりの海とはまったく違う景観。
壮大さは感動的ですらありました。

 

もちろん、糸島もいいところで大好き。釣りに限らず、よく牡蠣食いにも行ったし。
でも、やっぱりスケール感が違います。

 

はやる気持ちを抑えながらタックルの準備を終えて、最初のキャストポイント探し。
予想外にアングラーは少なくて10人前後。んで、そのほとんどがエギンガー。

 

良さげな場所を選んで、リグを変えながら、キャストを繰り返すも予想外?当然?の反応なし。
その後も1時間ほどランガンしたけれど反応なかったので、ひとまずランチブレイク。

 

車を走らせていると、お店を見つけてそこで漬け丼を調達。
美味そうな海鮮丼も売っていたけれど、ボリューム感あり過ぎて二の足を踏んでしまいました。

 

その足で、某SNSで釣り友となったケンさんから情報をもらっていた別の港に向かい、

周りの様子をうかがいながら、漬け丼を車の中で食いました。

食い終わると、ここらへんかな~と思うところに車を停めて、先行アングラーの状況を見ると・・・

ロッドが曲がりっぱなしやんけ~

 

やっぱりここだと確信し、キャストを始めました。

しかし、先行アングラーは2人いて、その人たちはコンスタントにロッドが曲がっていたのに自分はノーバイト。

 

50メートルほど小移動してその場所でボトムを中心に攻めると待望のヒット。

姿を現したのは自分はアオハタと思ったマハタ。しかし、ピックアップ時にオートリリース^^;

この画像はその後に釣った別のマハタ。

 

 

って、これはアオハタですよね???

地元の子どもたちがマハタ、マハタと言うので、やっぱりマハタなのかなと思ってしまった。

ハタの実物を見る機会が少ない(これはこれで悲しいけれど)自分には自信ないけど、

これって、マハタ???

 

 

その後、ヒットパターンをつかみ、小さいながらも10数本キャッチ。

 

 

アオハタ(マハタ)に、オオモンハタに、クエ。

しばらくぶりのハタだったので、至福の時間。

 

 

その後、地合も終わり当たりも遠のいたので、帰路につきました。

それにしても、ショアでこんな数釣りができるなんて、この海域の魚影の濃さにはびっくり!

 

ケンさん、ナイスな情報、ありがとうございました。

おかげで、楽しい釣りができました。

 

そして、地元の子どもたちも最高でした。

すれ違う子どもたちは、揃って大きな声で挨拶するし、会話をすれば礼儀正しいし。

親御さんや先生たちのしつけ、指導の賜物であることはもちろんだろうけど、

この自然が自然と子どもたちの人間形成をしてくれているのだろうな~と思った1日でした^^

 

 

県北ハタゲームその2日曜編” への2件のフィードバック

  1. ひぇ~よく釣りましたねぇ~!!!

    さすがです!

    しかもクエまで釣っちゃって!
    クエはなかなかレアですよ♪

  2. ケンさんの貴重なアドバイスのおかげです(^^)

    それと、たくさん釣れたのは、魚影の濃さと地合のおかげです(^^;

    周りもみんな釣れてましたから!

    また、グッドアドバイスよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です