大分県南ハタゲーム


 

台風の影響で約3週間もまともにロッドが振れておらず、溜まったストレスはマックス。

おまけに、週末の3連休は海の状況も良さげな予感ムンムンなのに、姪っ子の結婚式が福岡であり、そのまま家族旅行で福岡に滞在するため、釣りは無理。

ということで、心のバランスを保つために、2日の木曜日に休暇を取り一人で大分県南部に行って来ました。

 

お隣の県なのに、九州の他県と比べると釣行の機会が圧倒的に少なかった大分。

今回も前情報などがあまりない中、ネットの情報を頼りにぶっつけ本番でハタゲームに行って来ました。

 

朝9時半に現地に着いて、最初に向かったのは高速のインターから南に向かうとすぐに見えて来る港。

テキサスリグにグラスミノーをセットしてキャストした第一投目。

いきなり、フォール中でのバイトでロッドを曲げてくれたのはコイツでした。

 

 

その後、30分ほどキャストを繰り返したものの、魚からの反応はなく移動することに。

 

次に選んだのは、波止と地磯が連なっているポイント。

ここで小一時間ほど根周りを中心に探ったものの、反応なし。

そこに、地元のえさ釣りのおじいさんがやって来たので状況を聞くと、イカも釣れておらず状況はあまり芳しくないとのこと。

 

話す中で参考になる情報もあったので、その情報をもとにさらに南下。

次のポイントはこじんまりとはしているけれど、比較的水深がある港。

外洋サイドに向けてキャストを開始すると、すぐに根魚らしきアタリ。

水面に浮いてきたのは、宮崎でいつも見ているカサゴちゃんでした。しかも、ベビーサイズ。

 

 

その後続かずに、波止の先端へ小移動したところ数投目でオオモンハタゲット。

そこから、画像のようなオオモンハタとカサゴが連発する状態となりました。

オオモンハタはスイミング、ボトムともに食ってきました。

 

 

 

 

おまけに、オジサンまで^^;

 

 

今回釣れたハタ類はオオモンのみでしたが、前回の宮崎県北部同様、豊かな魚影とすばらしいロケーションで楽しい釣りとなりました。

 

ものすごい数のベイトがいて、湾内にもかかわらずあちらこちらでナブラがたっているし、いたるところでこのように新しいイカ墨だらけ!!

 

 

この時期、近海のショアから釣れるハタのサイズは、たぶんこのクラスが中心なのだろうけど、今回はまだまだ数釣りができることを実感しました。

 

シーズン開幕したっぽいサーフのヒラメゲームがものすごく気にはなるけど、シーズンが終わるまでは根魚の釣りを堪能したいな~ということを再認識した釣行となりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です