ヒットせず!


 

11月16日土曜日は久しぶりにどこも凪予報。

 

先週のリベンジを果たしたいひげじさんとその仲間と、あわよくば水没タックルを回収したい自分とで同じ県南の海へ。

 

準備を済ませて7時過ぎに出艇すると、予報どおりのベタ凪。

 

 

先に出て沖に浮かんでいるひげじさんたちを目指してペダルを漕ぐも、怪しげなところで寄り道するのでなかなか行き着けない。

 

そうこうしているうちに、ひげじさんからLINEが入った。

 

水深40メートルでジグが真下に落ちて、まるで湖。

 

という残念なお知らせ。

 

なので頑張って沖に向かう気が一気に失せた。

 

近場でいろいろ試すが、ヒットするのはヤミハタばかり。

 

 

時折、小さなナブラが発生するがすぐに消えてしまう。

 

いつものデカオオモンポイントも不発。

 

前回のタックル水没ポイントだったので、入念に探ったけれどヒットしたのは、このオオモンだけ。

 

 

しかし、市販のジグ、インチクに反応がない中、ヒットルアーは自作の不細工なオモック。

 

これはこれで、誰も見てないけれどちょっとドヤ顔。

 

だが、水没タックルはヒットせず。

 

その後、途中脚がつりながらも、午後3時まで漕ぎまくった。

 

しかし、状況は変わらずじまい。

 

その間、大物のヒットが3回あったが、食いが浅いのか乗せ切れず。

 

また、2回ほどナブラが発生したが、ジグ、弓角、ジグサビキに反応なし。

 

家に帰り着いたのは、5時半過ぎていて外は真っ暗。

 

ヘロヘロになって、車、カヤック、タックルを洗い、夕食後に魚をさばき、爆睡。

 

疲れた・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です